« LE-CarII 改造 その4 | トップページ | 三木鉄道ミキ300 自作 その1 »

2008年1月26日 (土)

LE-CarII 改造 その5(終)

しばらく間があいてしまったが、LE-CarII改造も今回で終了、ということで前回に続いて仕上げ項目を。

まずはシールの類。前面の行先表示と客ドア脇の「ワンマン後乗前降」プレートは光沢の紙ラベルで印刷、前面のワンマン表示と尾灯、側面の客ドアのパターンと社章はタトゥシールとした。因みに、社章と「ワンマン後乗前降」は、ミキ300実車画像からの取り込みで、ほかはエクセルの文字・図形を用いた。車番はトミックスの485系用銀文字インレタの余りから字を拾ってそれらしくした。(「ミ」の字は、「ハ」の一片を3つ並べるのに苦労したほか、「キ」は、「モ」の下端の曲げを切り落とし、ハイフンを継ぎ足して何とかした・・・)
後はパーツというほど大層なものではないが、その類を。客ドアパターンのタトゥシールを0.2tの切り出した透明プラ板に貼り、ボディに接着。屋根上の信号炎管は、トミックスの余りパーツを0.5mmの穴を開けて差し込み。全ドア両脇の手すりは取り扱いの便を考慮して、金属線を曲げ加工しての取り付けではなく、雨樋と同じ様に、マスキングテープをごく細く切り出して2枚重ね、アイボリーを吹いた後に寸法切りして貼り付け、市販モデルで一般的な、浮き出し手すりの様な表現にとどめた。最後に、客ドアのステップとして、プラ板の小片をボディにゴム系接着剤でイモ付けし、側面をブルー、踏面にグレーをさした。バックミラーは取り扱いの便を考慮、ということで省略。(これがあると雰囲気がぐっとよくなるのは分かっているのだが、作れるのかどうかと言う問題もある)
動力ユニット両端に元々のヘッドライトの基板を押し込み、フレームにライトのプリズムが当たる部分を削り取り、ボディを動力にかぶせてひとまず完成とする。排気管の位置間違いとか、よく見ると?な塗装とか、言い出すときりが無いが、走らせるとさほど気にならない・・・ということにしておこう。

080126

« LE-CarII 改造 その4 | トップページ | 三木鉄道ミキ300 自作 その1 »

LE-CarII 改造(三木鉄道ミキ180)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1015011/11555768

この記事へのトラックバック一覧です: LE-CarII 改造 その5(終):

« LE-CarII 改造 その4 | トップページ | 三木鉄道ミキ300 自作 その1 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック