« 今日も近況報告? | トップページ | 鉄コレ阪神 改造その13 »

2009年7月20日 (月)

今日はアクセサリー 2009/07

(7/28 画像追加)

(7/25 画像追加)

今日は、4/29のエントリで紹介した、藤江駅前バス転回所のミニセクションで、山陽電車の線路に立てた架線柱、ジオコレの複線架線柱を小加工、塗装した程度であったのだが、やはり正調の架線柱を仕立ててみたかったので、クラフト用のペーパーをメインに製作してみた。まずサフ吹き状態から。

0907201 西側から見た状態。

0907202 東側から見た状態。

構造は、クラフト用のペーパーを2、3ミリ程度の幅に切り出して、長手方向に2つ折にしてアングル状の部材を作って、接着剤で組み立てている。柱の部分とメインのビームは、アングル状部材を背中合わせに接着してある。ただ、柱の方は、足元の方へ行くに従って若干開いており、その部分は筋交いを、細い帯状に切り出した部材を貼り付けて表現。ほかには、踏み切り関係の灯火類は、GMの踏み切りのパーツやランナーの切れ端を小加工して、ステーを介して柱に接着。踏み切りを照らすための水銀灯も付いているので、適当なパーツを組み合わせて、それらしくして接着。南側の柱には、上の方に何やら箱がぶら下がっていて、それのメンテ用の台も付いているので、これも再現。まあ、1点限りなので、ここまで出来ると言えるかも。

山陽700形と絡めて1枚。

0907203

製作した架線柱から起こした基本構造の図と、資料画像を以下に。ご参考まで。(7/25)

0907205_3 0907206_2 0907207_2 0907208_2 0907209_2

架線柱に色入れと踏切名などのラベル貼りをして、ジオコレの架線柱と置き換え、併せて、踏み切りの踏み板を交換してオレンジ色のラインを入れたのが次の通り。(7/28)

0907281 0907282 0907283

« 今日も近況報告? | トップページ | 鉄コレ阪神 改造その13 »

コメント

うわっ、こう来ますか。質問なのですが、ペーパーでも強度は十分でしょうか。16番でも可能でしょうか・・・、とすっかり「作る」気になっております。

>いぶきダンナ さま
いらっしゃいませ、お待ちしておりました。(笑)
お尋ねの件ですが、まず私の使用した紙は、厚み210ミクロンのカード用紙で、官製ハガキよりは薄く、クラフト用紙としては少し頼りない感じの紙です。
で、強度ですが、柱の部材とメインのビーム単体では、アングル状にして背中合わせにするので、形状は保てます。ただ、柱とビームを組合わせる時に、本来は、ビームの貼り合せたアングルの両端を少し開いて(真上から見るとY字ポイントのように)、柱を抱え込むようになっているのですが、ズボラをして、柱のアングルの出っ張りを、ビームの幅だけカットして組み合わせたら、柱のその部分の強度がかなり落ちました。一応、柱の根元を固定すると自立はしますけど・・・(汗)
16番でしたら、サイズが大きくなる分、もう少し紙厚を上げてもアングル材が作れると思うので、多分、いけると思います。後で、簡単な図を書いてみます。他には、量産するとしたら、自立させるための足をどうしたものかと。

おおっ、進んでいますね~。毎日下を何回もくぐりますけど(笑)。私は何とかして真鍮か何かで組み上げるべきか、そうなると量産がしんどいな、と思っていたので、ペーパーで作れるとなるとやってみようかと思います。もっともodori-koさまほど凝ったものではなく、雰囲気重視の運転会用に出来れば、と思っています。図面公開ありがとうございます!

こういうタイプの架線柱って市販品がありませんから、あの図でも役に立てそうでよかったです。量産→運転会での使用、ということを考えますと、ちょっと値が張りますが、エバーグリーンのプラのアングル材を、柱にだけ使うのもいいかもしれません。インチサイズなので、よさげな寸法かも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1015011/30624489

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はアクセサリー 2009/07:

« 今日も近況報告? | トップページ | 鉄コレ阪神 改造その13 »

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック