« 今日はアクセサリー 2009/07 | トップページ | 鉄コレ阪神 改造その14 »

2009年9月 7日 (月)

鉄コレ阪神 改造その13

鉄コレ阪神 改造カテゴリの前回エントリから9ヶ月あまりも経ってしまって、いやはやお恥ずかしい限り。で、今回は、だいぶ以前に少し気になっていた部分に手を加えてみたので、それをご紹介。
ご存知の通り、ベースは両運の3301だが、これの片開きの客扉の開く向きは、梅田寄りから1つ目、2つ目は山側から見た場合、右側へ開き、一番元町寄りの扉は左側へ開く。これが片運になると3枚とも連結面側へ開くので、梅田寄りの先頭車では山側から見た場合、3枚とも右側へ開くことになる。それを踏まえて3301の客扉の窓位置を見ると、客扉のセンターと窓のセンターがわずかにずれており、ずれの方向、距離、は、戸当りゴムがあるはずの側の反対側へ0.3mm程度である。そして、一番元町寄りの扉の窓は、開く向きに合わせて、他の2枚とはわずかだが反対側にずれている。つまり、3301をそのまま片運にすると、片側面では客扉の窓1枚が本来の反対側にずれたままになってしまうので、回りくどくなってしまったが、7701の連結面寄りの客扉の窓位置をずらす加工後(梅田寄り、山側)と、元の3301を同じ向きで並べてみたのが下の画像である。(3301画像は、2007/10/20エントリの画像を、向きを揃えるために反転しています) まあ、走らせてしまえば全く気にならないであろう程度だけれども。で、次は保護棒をどうするか考えてみたいところ。

090907

« 今日はアクセサリー 2009/07 | トップページ | 鉄コレ阪神 改造その14 »

鉄コレ阪神 改造(7701、7601)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1015011/31276633

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄コレ阪神 改造その13:

« 今日はアクセサリー 2009/07 | トップページ | 鉄コレ阪神 改造その14 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック