« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

2009年9月23日 (水)

鉄コレ阪神 改造その15

7701に続いて7601もボディの塗装を・・・と思ったら、まだ追加工が必要な箇所があり、作業を進めてみた。

まずは7701同様、客扉窓のズレを同一方向へそろえる。3301のパンタ側妻を7601でもパンタ側妻としたので、ズレを修正するのは片側で2箇所。次に窓ガラスパーツを適宜カットして車端寄りの側窓開口部との合わせ作業。因みに、元運転室あとの新設窓は保護棒がないので、この部分は、えちぜん鉄道MC2204の、運転室扉直後の窓ガラスパーツを切り出して使用している。また、パンタ側妻の配管を真鍮線にて再現だが、雨樋に接している箇所は元のモールドをそのままに、不要な部分は削り取り、足らない部分のみ追加した。最後に非パンタ側妻の雨樋を忘れていたので、これも再現。これでようやくボディの塗装へと。7701と同様にサフ吹きの上から順に、キャラクターフレッシュ→クリーム4号→マスキング→キャラクターレッド、と塗装した。保護棒、屋根、床下、仕上げはまだ。それから、下の画像では少し分かりにくいが、手元の資料を参考に、7701の前面貫通幌を「おじき」っぽく追加工している。

さて、まだカンフル剤が効いている気がするが、次はいつご紹介できるやら・・・

090923

2009年9月14日 (月)

鉄コレ阪神 改造その14

次は保護棒をどうするか・・・ということで、今回は保護棒・・・だけでは何か物足らないので、気まぐれに、1両だけだがボディの塗装もやってみた。

保護棒は少し立体感が欲しかったので針金を使うことにしたが、材質と固定方法をどうしようかと、実物の写真を見ながらちょっとだけ考えて、φ0.3のステンレスワイヤーを窓幅に合わせてカットし、注意深く接着剤をつけて窓ガラスパーツへイモ付けとした。とりあえず7701の片側面のみで、15本の貼り付けとなった。まあ気長に行きましょう・・・ それよりも、ボディの塗装の方が厄介かも、と。サフ吹きの上からクリームを吹くのに、GMのクリーム4号ではやや赤みが強いような気がして、キャラクターフレッシュを吹いてみたが、これだと赤みが感じられなくてNG。結局この上にクリーム4号を重ねてそれなりに、という感じ。赤胴の方はキャラクターレッドで、やや派手な印象だが、これも悪くないか、とOKとする事に。2両目以降を同じ様に仕上げられるよう注意せねば。

090913

2009年9月 7日 (月)

鉄コレ阪神 改造その13

鉄コレ阪神 改造カテゴリの前回エントリから9ヶ月あまりも経ってしまって、いやはやお恥ずかしい限り。で、今回は、だいぶ以前に少し気になっていた部分に手を加えてみたので、それをご紹介。
ご存知の通り、ベースは両運の3301だが、これの片開きの客扉の開く向きは、梅田寄りから1つ目、2つ目は山側から見た場合、右側へ開き、一番元町寄りの扉は左側へ開く。これが片運になると3枚とも連結面側へ開くので、梅田寄りの先頭車では山側から見た場合、3枚とも右側へ開くことになる。それを踏まえて3301の客扉の窓位置を見ると、客扉のセンターと窓のセンターがわずかにずれており、ずれの方向、距離、は、戸当りゴムがあるはずの側の反対側へ0.3mm程度である。そして、一番元町寄りの扉の窓は、開く向きに合わせて、他の2枚とはわずかだが反対側にずれている。つまり、3301をそのまま片運にすると、片側面では客扉の窓1枚が本来の反対側にずれたままになってしまうので、回りくどくなってしまったが、7701の連結面寄りの客扉の窓位置をずらす加工後(梅田寄り、山側)と、元の3301を同じ向きで並べてみたのが下の画像である。(3301画像は、2007/10/20エントリの画像を、向きを揃えるために反転しています) まあ、走らせてしまえば全く気にならないであろう程度だけれども。で、次は保護棒をどうするか考えてみたいところ。

090907

« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック