« 2011年7月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年9月

2011年9月20日 (火)

今日はいろいろ 11/09

皆様、またまたご無沙汰しておりまして、日記どころか隔月記と化している有様で・・・ また、豪雨被害の方々におかれましては、お見舞い申し上げます。

言い訳のようですが、今夏はかなりイレギュラーにバタバタしていて、ようやく落ち着いてきた今頃になって少々バテ気味な感じです。鉄模からもしばらく遠ざかっていて、またとっ散らかってしまった工作台周りをそろそろ片付けないと・・・というところに、思わず耳を疑うような一報が(ご存知の方も多いでしょうが)。マイクロから神戸電鉄3000が出るとの事。阪神8000の時は、まあいずれは、みたいな期待感もありましたが、今回の場合、とうとうこんなところにまで(失礼!)手を出すのか、という驚きが大きいです。1ロットでどのくらいのセット数を作ればペイするのか、見当は付きませんが・・・ それはともかく、新・旧塗装のどちらか1本は押さえておこうかな、と。実物の方は、報道などで色々伝わってきていますが、粟生線の存廃問題がかなり難しそうとのこと。ファン的心理では残って欲しいのはやまやまなれど、活性化協議会の資料に目を通してみると、やはり、定時運転など確実性では優れるものの、遅くて運賃が高い事の改善を出来ないとどうにもならない、という風に感じます。どちらもかなり難しそうですけれども。ましてや、三宮へ直通出来るようになれば・・・等というのは、ただの妄想・・・

お次は、ここ数年ほど秋の恒例となっている、関西私鉄特注鉄コレ。今年のラインナップは、京阪2000、南海旧1000、大市交20、阪急3000、阪神5311。ただ、見境なく手を出すということは出来ないので、目下、絞り込み中・・・ (いや、けっして7701/7601の事を忘れているわけでは・・・)

最後は、姫路の県立歴史博物館で開催の「ひょうごの鉄道」展(~9/25)他へ行ってきた話など。久しぶりにやってきた姫路駅前。

11091901 11091902

旧駅ビルはもう半分程取り壊され、市営バスターミナルだった建物は、その面影を既に失っていた。さて、以前に歴史博物館へ行ったのは確かもう20ウン年以上前・・・ 駅から歩いて行けなくもないけれど、子連れだし、折角なのでこれに乗って。

11091903

まあ、路線的に面白いのは、ループバスを降りた博物館前より先の狭隘区間なんですけれどもね。で、歴史博物館。いやー、記憶が無いですね~。

11091904

中に入って、まずは常設展示物をざっと見てみることに。やはり、精密な模型に目が向きます。

11091905

2階へ上がると、北側から修理中の姫路城もちらりと。「ひょうごの鉄道」展、歴史博物館の催しだけあって、子連れで行って、「昔の○○線はなー、」とか、展示を一緒に見ながら"鉄"教育出来る、私達にとっては良い機会だったかな、と思いました。(写真撮影はNGなので悪しからず)帰りはループバスには乗らず、フツーの神姫バスをNicopa利用で駅まで戻り、昼食をさっと済ませて、また神姫バスに乗り(Nicopaの乗り継ぎ割引でオトク)、手柄山中央公園付近で下車。そう、やっと来ました、姫路モノレール。

11091906

連休だったし、この7月には水族館もリニューアルオープンしたので、駐車場は一時満車の状態で、モノレールも結構なにぎわい。一昨年秋の特別公開以来だけれど、今度は旧手柄山駅のホームに据え付けられた状態で、車内にも入れるとあって、感慨もひとしお、というところ。

11091907

姫路大博覧会ジオラマにもモノレールはちゃんと走っており、手柄山駅を発車したモノレールが、大将軍駅のホームへ吸い込まれていくのは心憎い演出。

11091908 11091909_2

姫路市営バス関連の展示もあったが、展示されている幕のコマが時々動いていたのはびっくり。(全部で何コマ?)

11091910

屋上へ上がって、使われなくなって30数年を経た軌道を、望遠でパチリ。

11091911

帰りは手柄駅まで少し歩き、山電で帰りました。その帰路でも、「ここの空き地は国鉄高砂線の・・・」とか、「ここのガードの下には、別府鉄が・・・」とか、息子にレクチャーしたのは、言うまでも・・・、ハイ。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年11月 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック